SDGsに関する取組

SDGsとは?

持続可能な開発目標SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

持続可能な開発目標(SDGs)

2015年9月の国連サミットで全会一致で採択。「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標。(その下に、169のターゲット、231の指標が決められている。)

  • ①貧困

  • ➁飢餓

  • ➂保険

  • ④教育

  • ⑤ジェンダー

  • ⑥水・衛生

  • ⑦エネルギー

  • ⑧成長・雇用

  • ➈イノベーション

  • ➉不平等

  • ⑪都市

  • ⑫生産・消費

  • ⑬気候変動

  • ⑭海洋資源

  • ⑮陸上資源

  • ⑯平和

  • ⑰実施手段

  •  

  • 普遍性

    先進国を含め、
    全ての国が行動

  • 包摂性

    人間の安全保障の理念を反映し「誰一人取り残さない

  • 参画型

    全てのステークホルダーが役割を

  • 統合性

    社会・経済・環境に統合的に取り組む

  • 透明性

    定期的にフォローアップ

当社の取組

東日本板橋花きとして経営ビジョンでもある、「新時代を切り開き、未来に向かって持続可能な豊かさを提供する」から、SDGs(持続可能な開発目標)に通じるものであり、国連の提言する SDGs 目標・ターゲットに沿って、今回、当社として取り組む目標を設定します。

  • 質の高い教育をみんなに

    当社は、花育活動を通し、持続可能なライフスタイル、文化の持続可能を目指し、花育団体と協力し、授業の一環として花育授業を行い、いけばなを通じて命の大切さや創造力などを習得できるようにします。

  • ジェンダー平等を実現しよう

    当社は、育児をしながらでも変わらず務められる環境作りに取り組み、女性社員の活躍の場を更に広げていきます。また女性取締役も3名在籍しており、ジェンダー平等に努めております。

  • 働きがいも経済成長も

    当社は、長時間労働の削減や、休暇取得の推進、年1~2回の健康診断の実施を行い、衛生委員会を設置し、社員の心身の健康管理をサポートしています。

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

    当社は、花き業界全体で取り組む必要のある、MPSやリレーフレッシュネス(品質管理認証)を取得し、産地や小売店にも取得を推進し、花き産業を持続させ、更に豊かなものにしていく事を目標としています。

  • つくる責任つかう責任

    当社は、ペーパーレス化を推進し、ウェブ上での注文受付を推進し、紙ベースの注文を無くし、また、梱包資材のリサイクルに努めています。
    梱包資材についてもリユース出来る、エココンテナ(プラスティックコンテナ)の導入も行います。